TEL

0235-33-8868

TEL 0235-33-8868

相続豆知識@                                  



相続とは何か?

 人が亡くなったとき、その人がもっていた権利や義務を、他の人が引き継ぐことを相続といいます。このとき、権利や義務を残してなくなった人を被相続人、引き継ぐ人を相続人といいます。相続人は、原則として、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します。たとえば、土地・建物の所有権、賃借権、預金債権、金銭債務などのほか、売主・買主という契約上の地位、取消しする権利なども相続の対象となります。更に最高裁の判例によれば、生命侵害の場合の被害者の慰謝料請求権も相続されます。また、法律で相続できる人は決められており、その人を法定相続人と呼びまず。ただし、遺言がある場合は法定相続よりも優先します。







法定相続分とは、何か?

 被相続人の遺言書がある場合は、遺言書の内容が優先されますが、何も無い場合は法定相続分にて遺産分割をすることになります。そして、民法で相続人として定められているのは、常に相続人となる配偶者(夫婦)、第一順位は血族相続人である(亡くなった人の子供)、第二順位は相続人となる直系尊属(亡くなった人の父母)、第三順位は亡くなった人の兄弟姉妹です。各人の法定相続分は子供の時が2分の1、直系尊属の時が3分の1、兄弟姉妹の時が4分の1、そして、配偶者は各人の法定相続分の残りの割合を相続することになります。(例えば、子供の場合2分の1、兄弟姉妹の場合は4分の3となる) それぞれ、第一順位の人がいなければ第二順位へ。第二順位がいなければ第三順位へ相続人が移っていきます。

 ただし、必ず法定相続分で分けなければいけないわけでは無く、相続人全員で遺産分割協議を行い、合意すれば違った割合の遺産分割も行うことが出来ます。

例、遺産が1200万円で子3人と配偶者が相続人の場合
   妻 →  600万円(1/2)
   子 → 各200万円(1/6)×3人=600万円(1/2)  1/2を子の人数で分けることとなります。