TEL

0235-33-8868

TEL 0235-33-8868

相続豆知識A                                  




代襲(だいしゅう)相続とは?

 被相続人がなくなる前に、相続人であるはずの子あるいは兄弟姉妹がすでに死亡していた場合(例えば、おじいさんがなくなる前にお父さんが亡くなっていた場合など)、その相続人の子が代わって相続人となることができる事のことをいいます。ただし、直系尊属と配偶者は代襲相続することはできません。また、相続欠格または廃除によって相続権を失っている場合も代襲相続をすることができます。

 相続を放棄したときは、代襲相続することができません。





相続の方法・期限

 単純承認・・・財産も負債も無限に受け継ぐことに。

 被相続人の権利や義務すべてを受け継ぐことをいいます。この場合、財産があれば、その財産を受け継ぐことができますが、同時に債務(借金など)も受け継いでしまうため、十分な調査をする必要があります。単純承認をすれば、どんなに債務が多くても、すべて責任を負わなくてはいけなくなります

 限定承認・・・財産の分だけ負債も相続します。

 相続した財産で支払える限度においてのみ、被相続人の債務を支払う、というのが限定承認です。つまり、財産から債務を差し引き、それでも財産が残っていればその財産を相続しますが、財産を超える分の債務は弁済しなくてもよいという、相続人の安全をはかる制度です。限定承認のときには、相続財産の目録を家庭裁判所に提出することが必要となります。また、相続人が複数いる場合は、全員が共同して申し出なければならないことになっています。

 相続の放棄・・・相続はしません。

 相続に関して財産も債務も受け継がないことです。したがって、相続の放棄をすると、その相続についてははじめから相続人とならなかったものとみなされます。つまり、相続の放棄をすることにより、その相続とはいっさい関係なくなり、代襲相続も行われません 

熟慮期間と手続き
 相続人は、相続の開始があったことを知った時から、3ヶ月以内にいずれかを決めなければなりません。単純承認には、特に手続きは必要ありませんが、限定承認と放棄の場合は、家庭裁判所への申し出が必要です。3ヶ月を過ぎると単純承認したことになるため、財産目録を作成し、負債が多額になる場合などには十分に注意が必要です。