TEL

0235-33-8868

メールはこちらです。
sato-gyousei@kta.biglobe.ne.jp

TEL 0235-33-8868

産業廃棄物処分業許可 

許可申請・更新申請・変更届など手続きのお手伝いをいたします。 


産業廃棄物の種類
 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(通称廃棄物処理法)は通常の産業廃棄物が20品目、特別管理産業廃棄物が5品目と詳細に分かれており、更に排出事業者の業種により産業廃棄物となる物と事業系一般廃棄物に分かれるなど非常に複雑なしくみが取られています。 一般廃棄物については、別途、市町村からの一般廃棄物処理業許可が必要になります。

分類は以下のようになっています。
あらゆる事業
活動に伴うもの
1.燃えがら  2.汚泥  3.廃油  4.廃酸  5.廃アルカリ  6.廃プラスチック類  7.ゴムくず  8.金属くず  9.ガラス、コンクリート、陶磁器くず  10.鉱さい  11.がれき類  12.ばいじん
特定の事業
活動に伴うもの
13.紙くず  14.木くず  15.繊維くず  16.動植物性残さ  17.動物系固形物   
18.動物のふん尿  19.動物の死体  20.処理物(上記の廃棄物を処分するために処理
したもの。コンクリート固形物等)

 上記の廃棄物の単独又は混合物で、水銀含有等ばいじん、水銀使用製品産業廃棄物、石綿含有産業廃棄物等が含まれる場合は、取り扱う廃棄物の種類に、それらが含まれる許可の取得が必要になります。なお、水銀含有等ばいじん、水銀使用製品産業廃棄物については、平成29年10月1日より取り扱いが変わっております。
特別管理
産業廃棄物
1.燃えやすい廃油(引火点70度未満)  2.廃酸(pH2以下)  3.廃アルカリ(pH12.5以上)  4.感染性廃棄物  5.特定有害産業廃棄物(PCB、指定下水汚泥、廃石綿等、有害な鉱さい、ばいじん、他)  6.廃水銀等(平成29年10月1日より施行)

産業廃棄物処分業の許可の種類
 産業廃棄物の許可は、【産業廃棄物】の「収集運搬業」と「処分業」【特別管理産業廃棄物】の「収集運搬業」と「処分業」の4種類があります。また、業を行うためには、それぞれの許可ごとに上記の品目別の許可が必要となります。
 建設業を行う業者が、元請から廃棄物の処分の委託を受ける場合にも対象の品目の許可が必要となります。






マニフェスト(産業廃棄物管理票)を交付している排出事業者の義務
 法令の改正により、平成20年より産業廃棄物の処理を委託した際に発行したマニフェストの交付状況を都道府県知事に報告しなければなりません。ただし、電子マニフェストを利用している事業者は対象となりません。

対象期間:前年4月1日〜当年3月31日発行分  提出期限:毎年6月30日まで (山形県の場合)